妊娠中だからこそ摂りたい乳酸菌

 

妊娠中は便秘になる妊婦さん、多いですよね。
ホルモン分泌の変調や、つわり、運動不足、子宮拡大などが原因で、便秘になるのは当然と言えば当然です。

 

しかし、便秘が続くと腸内環境が悪化し、健康にさまざまな害を及ぼします。

 

実は、それはお母さんだけではないんです。
おなかの赤ちゃんも影響を受けているんですよ。

 

お母さんの腸内環境は、赤ちゃんのアレルギーや免疫力に大きく関わっており、よい環境だと、生まれてくる赤ちゃんはアレルギーのリスクが減り、免疫力も強くなると言われています。

 

そんな便秘を予防し、腸の環境を整えるには、乳酸菌がいちばんですよ。

 

 

おなかの赤ちゃんの健康に!

 

乳酸菌は体にとって、とてもよい影響を与えてくれる菌です。
腸内環境を整えたり、免疫力を強化するなどの働きが知られていますが、最近では、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和するということも分かってきました。

 

特に、注目されているのが『プロバイオティクス乳酸菌』です。
これは、生きたまま腸に届く乳酸菌です。

 

通常は、体内に入るとほとんどが胃酸で死滅してしまうので、腸まで行き届きません。
腸までたどり着いたとしても、生菌に比べると働きも弱くなっています。

 

プロバイオティクス乳酸菌は、便秘改善や整腸作用がありることで知られていますが、実は、

 

おなかの赤ちゃんのアレルギー予防や免疫力向上にも効果的なんです。

 

ですので、乳酸菌は便秘ではない妊婦さんにも、ぜひ摂って頂きたい成分です。

 

 

妊娠中も摂取できる「善玉菌のチカラ」

 

乳酸菌は、食品から摂るのがいちばんですが、毎日のこととなると大変ですよね。
そこで、サプリメントで補う方法もありますよ。

 

たくさんの種類がある中で、妊娠中の女性にぴったりなのが「善玉菌のチカラ」です。

 

これは、カスピ海ヨーグルトをサプリメントにしたもので、1粒にクレモリス菌FC株が20億個含まれています。

 

もちろんクレモリス菌FC株は、プロバイオティクス乳酸菌の1つ。
販売元であるフジッコの実験では、この菌がアトピーなどのアレルギー症状を緩和したり、免疫力向上に効果があるということを実証しています。

 

他にもさまざまな効果が分かっていますが、きちんと検証されているのが頼もしいですよね。

 

いいこと尽くめの乳酸菌。
妊娠中は、おなかの赤ちゃんのためにも積極的に摂りましょう。

 

善玉菌のチカラで便秘スッキリ 詳細はこちら